CRM

コールセンター

コールセンターにおいては、下に挙げられるような、さまざまな課題が存在します。

ランダム監視ではオペレータの適切な支援ができてるか不安
オペレータが日ごろのストレスを理由に辞めてしまう
数値データ(受電件数・対応時間)だけの評価ははたして適切か
通話データが蓄積するままになってしまっている

そこでSTを活用して、コールセンターが抱える様々な悩みを解決します(コールセンターに関する製品についてはこちらをご覧ください)。

マーケットリサーチ

現在一般的に行われている自己記入型のアンケートは、リアルタイムの感情を蓄積しづらいことの他に、次のような回答が得られやすい問題があります。

適当な回答
先入観による回答
意図的にごまかした回答

そこにSTを活用することで、次のような効果が期待できます。

体感した瞬間の生の声を計測
意図的なごまかし回答が通用しにくい
ユーザが回答方法について、独自の基準をもつのではなく、基準は質問者が決定する
アンケート手法の組み立てにより、回答結果収集の自動化が実現可能

プロモーション

当社のST技術を用いることで、さまざまなプロモーションを行うことが可能となります。

感情を反映したプロモーションサービスを展開
電話やPCに接続したマイクから、Webサイトの課題に合わせて会話をすることで、その結果をリアルタイムでWeb上に反映
人の感情によって変化する、人の感性に基づいたユーザ介入型のWebプロモーションサイトを開設